メダカのさんぽ

ずーっと放置していたブログ再開!ワゴンR、メダカ、お散歩で楽しい毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カメの餌考

先日からクサガメを飼いはじめた。

体調約10センチ、体重約130gの子亀だが、こいつが可愛い。

もともとペットショップで売られていた個体だからか、人懐っこい。

餌をやろうとすると、アチラから寄ってくる。

で、餌考。

最近はホムセンでも、カメの餌が数種類売られていて良い時代になった。

キョーリン「カメプロス」で万全なのだが、たまには他の味もほしかろうといろいろ試した。

乾燥イトミミズブロック……ちょっと食べた。でも、好みではないらしい。何より、水槽中に散らばってきたない。

乾燥赤虫……メダカは爆食いなのに、これは見向きもしない。高いのになあ。

生野菜:キューリ……食べなかった。

レタス……少し食べた形跡があった。

パプリカ……食べなかった。


やっぱり、カメプロスが最強のようだ。

今度乾燥川エビをおやつで投入してやろう。


P_20170624_154522_1_p.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 23:17:24|
  2. カメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメを飼う

子供の頃からカメが好きだった。
静岡の町中に連れてってもらうと、必ず西武前の小櫛神社の池に立ち寄り、日向ぼっこしているカメを眺めた。

縁日のゼニガメはよく買ってもらったが、当時はカメの人工餌など田舎の町には売っておらず、結局、餓死させてしまうか、たらいから逃げ出されるかのどっちかで、長く飼ったことはなかった。

ところが、縁というものはあるもので、大学生の頃、下宿の駐輪場でミシシッピアカミミガメの子供を拾った。
ホコリだらけで衰弱していた。周囲に水場もないことから、一体どこからやってきたのか未だに疑問である。

体長7センチほどの子亀。最初は洗面器で飼い始めたが、すぐ逃げ出すので、慌ててプラ水槽を買った。
当時はミシシッピアカミミガメはそれほど敵視されておらず、わりとポピュラーなペットだった。
今は、飼うのも躊躇するけど。

名前は「流星号」と名付けた。
マッハ15のスピードだ(笑)。
なお、現在50際の俺でも、「スーパージェッター」はリアルタイムでは見ていない。

流星号は、よくなつき、手から餌を食べた。時折、水中であくびやくしゃみをして、愛らしかった。

特に病気もせず、3年がすぎた。私も就職して社会人になった。
流星号の体長も15センチほどになり、プラ水槽では手狭になったので、60センチ水槽を買ってやった。
慣れない仕事で疲れた私には、流星号の餌やりが癒やしだった。

転職して静岡にUターンするときには、コッソリ、宅急便の荷物の中に、紛れさせて送った。ごめんよ、黒猫さん。

ところが、実家で1ヶ月ほど過ごしている間に、たらいのフタの隙間から脱走した。
血眼になって庭じゅうを探したが、見つからなかった。
カメ一匹に、いい大人が、なんでこんなに泣けるかというくらい悲しかった。
見かねた母が「カメは水がある場所がわかるというから、たぶん家の前の用水路へ逃げたんだろうねえ。大丈夫だよ、どこかで生きているよ」と慰めてくれた。

その後、私は結婚し、子供が生まれて、子供の教育のためにと金魚やザリガニ、メダカなどの水生生物を飼うようになった。
この頃、インターネットが普及し、飼育の知識やコツも、昔よりも入手しやすくなった。
カメ飼育用の餌や水槽なども、ネット通販で安く買えるようになった。

よし、いつかカメを飼ってやろう!
とおもってはいたが、なかなか踏ん切れなかった。

というのも、カメを飼うというのは、意外と大変なのだ。

まず、糞が凄いので、水換えは頻繁にしなくてはならない。
そして、成長の速度が速い。あっという間に30センチクラスになる。
30センチというと、長さで考えると大したことがないように思えるが、面積体積で考えると結構な迫力だ。
例えるなら、ルンバが水槽の中でうごめいていると考えたらわかりやすいだろう。

んでもって、何と言っても寿命が30年以上ある。
つまり、一生の付き合いになるのだ。

その覚悟がなくて、踏ん切れなかった。
仕事も忙しかったしね。休みなかったし。

ところが、先日、ウォーキングで近くの黒石川のほとりを歩いていたら、大きなミシシッピアカミミガメに出会った。

「もしかして!」と思った。

なぜなら、実家の家の前の用水路は、黒石川と直結している。そのカメを見かけた付近から、さほど離れていない。
大きさからして、25年以上の成体。流星号が生きていたら同じくらいのサイズになっているだろう。

ああ、カメが飼いたい。

野生は無理だから、ペットショップで買うしかない。
今は魚などの生体も通販でも手に入るが、一昨年に法律が改正されて、カメ類は対面販売でなくては売ってはいけないことになった。

ところが、近所のペットショップでは、カメの扱いがない。

しょんぼりして諦めていた時、以前、扱いがなかったペットショップで、なんとクサガメの販売が始まった。

2,000円。やすいのか高いのかわからないけれど……。でも、欲しい。
体長8センチ。ああ、流星号とはじめてであった時とほぼ同じ(実際は、ちょっと大きいな)

こうして、本気でカメを飼うことにした。

名前はもう決まっている。

「流星2号」だ。




流星号?
  1. 2017/06/21(水) 00:11:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メダカの餌考

メダカを飼い始めた頃は、餌に無頓着で、ホムセンの棚のなかで一番安いやつを与えていた。

確か、キョーリン キョーリン メダカのエサ 50gだったと思う。

どこでも手に入るし、安いし、そこそこ食べてくれた。でも、今ひとつ、食いつきが良くなかった。

1回だけ、百均の餌を買ったことがある。ネットでは、コスパを強調しているサイトもあったが、うちのメダカはなぜか食いつきが悪かった。

いやいや食べている雰囲気。給食のときの、さと子さんみたい。だれだそりゃ。

某廉価版水槽メーカーの餌は、さらに悪かった。営業妨害になるからあえて商品名は出さないけれど、アルファベット3文字のあのメーカーのメダカの餌ね。沈下速度が早くて、底に沈殿して、誰も食べない。ヌマエビすら無視する。

大量に余ったので、モツゴの水槽に投入して、消費してもらった。

ここ数年は、キョーリンのHikariシリーズのフレーク餌に落ち着いている。キョーリンメダカプロスという餌。安定して食べてくれる。

フレーク餌は、口が小さいメダカでも、つついているうちに、崩れて食べやすいサイズになるようで、大小様々なサイズのメダカに与えられる。指先で簡単に潰れるので、稚魚にも与えやすい。

メダカプロスには善玉菌が入っているようで、もしかしたらプラセボかもしれないが、この餌にしてから確かに水の汚れが減ったような気もする。ちと値段が高いのが玉に瑕。

番外編で、生の赤虫を与えていた時期もある。

わざわざ赤虫(ユスリカの幼虫ね)を大量発生させて、ピンセットで集めて、メダカに与える。そりゃあもう、パニック状態で食べまくった。

例えるなら、和服を着たしおらしい大和撫子が、パルコのバーゲンで裾振り乱して漁っているような……たとえがへたくそ。

ところが、ナマ養殖(!)赤虫には幾つか問題点があった。

まず、安定して赤虫を供給することが難しいこと。そりゃそうだ。水をためた容器に、ボウフラが湧くまで待ってるだけだからな。

つぎは、ご想像の通り蚊が大量発生するということ。そうでなくても、メダカ水槽の周辺は湿っぽくて、蚊が一杯。ああ、いやや。かゆい。

そして、決定的な問題点は、メダカが落ちるということ。

あくまでも推察だが、生きた赤虫では消化不良を起こすのではないか?パニック起こすように、むちゃ食いするから、もともと消化器系が強くないメダカは、暴飲暴食がたたって死んでしまうのではと思う。

ミジンコもチャレンジした。これはよく食べた。本当に。
ただ、ミジンコの養殖も、とても難しい。数回チャレンジして失敗ばかり。青汁まで投入したのに。ありゃあ、難しいわ。プロの技術がいるなあ。

ミジンコは良い餌だとおもったが、なんにつけ時間とコストがかかりすぎる。青汁一箱1,000円なら、高級餌が手に入る。

天然系の餌を食べさせたくて、次に手を出したのが、キョーリン乾燥イトミミズ。ダイス状で与えやすいし、ゆっくりほどけていくし、とても良い餌だと思う。
ただ、強いメダカが独り占めするので、ちょっと考えもの。
それに、なぜか、全く見向きもしないメダカもいて、万能とは言い難い。

最近のヒットは、ヒカリ (Hikari) 乾燥 赤虫 。これは、凄い。本当に、あっという間に食べられてしまう。

今まで与えた餌の中では一番食いつきが良い。メダカも、まるまると太っていく。食べ残さないので、水が汚れない。

難点は、手で触るとしばらく独特の臭いが消えないことか。臭くはないけれど、にんにく入りビーフジャーキーのような鰹節のような不思議な匂いが、一日中指先から漂ってくる。

また、軽すぎて、水槽に投下する前に、風で散ってしまう。

そして、なにより、高い。リンクの先は一番小さいサイズだが、このサイズだと、我が家の場合、一週間もたない。

さて、長くなった。メダカの餌も、色々出ている。食いつき具合をみながら、餌を変えてみるのも楽しみの一つ。

安くて量が多くて、食いつき抜群の餌を探して、今日もホムセンをさまようだいさん。




  1. 2017/06/16(金) 00:05:12|
  2. メダカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は、メダカの成魚が落ちない!

毎年、5月から6月は、メダカが一斉に産卵するので、採卵に大忙しのだいさん。
medaka2.jpg

ツブツブの触感を楽しみながら、ふと思った。

「今年は、成魚が落ちないなあ。」

季節の変わり目に、毎年、病気や寿命で、数匹ほどお亡くなりになるのだが、何故か今年は一匹も落ちない。

思い当たる節があるとすれば……

1 水槽1台あたりの飼育数を控えめにしたこと。40センチ水槽で10匹までにした。
2 水草を多めに入れた
3 底面濾過のソイルを、小粒赤玉土から、麦飯石や五色砂などの砂利系に換えた。
4 餌を朝・昼の2回にし、そのうち1回は、乾燥赤虫(キョーリンの)に変更した。

んなところ。

1と2は当然として、3のソイルは、経験上赤玉土でもなんら問題はないのだが、どちらかと言うとメダカよりも、同居しているヌマエビやタニシの影響を考えてのこと。

なぜか、エビとタニシの生存率が低いのよ。赤玉土は。

4 の餌については、「少ないほうが良い」という先輩たちの言葉を信じて、朝1回だけでこれまでやって来たけれど、やっぱり、それでは少なすぎたみたい。

私の勤務が昼過ぎからのシフトに変わって、昼間に2回餌をやれるようになったことで、メダカの栄養状態が向上したようだ。

あわせて、キョーリンの乾燥赤虫は、びっくりするほどよく食べてくれる。それこそ、先を争って、って感じだ。

メダカって、結構グルメで、百均で買った餌は完全にそっぽ向かれた。……餌の話は、それだけで一つ記事が書けそうだから、今後のネタにとっておく。

ともあれ、まるまる太って、元気に泳ぎ回るメダカを見ると、幸せな気持ちになる。
エビもタニシも元気だし、今年はメダカが増えそう。
  1. 2017/06/15(木) 00:19:37|
  2. メダカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針子の季節

次々と針子が生まれている。
[広告] VPS

針子とはメダカの稚魚のこと。今年は、若いメスが多かった割には、例年になく産卵量が多く、針子もたくさん孵った。

ただ、たくさん生まれたとしても、たくさん死んでしまい、なんとなく切ない気持ちでいた。

あるメダカサイトで、「稚魚は餓死する」というのを見て、えーっ!ってなった。お腹に栄養袋もっているから大丈夫だと思っていた。が、あの袋、数日で空っぽになるようで、3日くらいですぐに餌を与えないと餓死するとのこと。知らなかった。

それと、グリーンウォーターのほうが、稚魚の餌になるバクテリアや微生物が水中に多く存在するので、餓死しにくいとのこと。なるほど、グリーンウォーターの稚魚の生存率が高かったのはそういうことか。

ということで、今年は、餌(成魚用の餌を指先ですりつぶす)と別の水槽のグリーンウォーターを毎日与えている。おかげで、例年よりも稚魚が元気だ。

私の経験では、体調が1cmを越えて目鼻立ちがはっきりしてきたら、まず問題なく育つ。

そこまでの3週間が勝負。大切に育てねば。
  1. 2017/06/11(日) 23:01:19|
  2. メダカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クーラーボックスは必需品!【車中泊で困ったこと その5】

車中泊に限らず、車での長旅に必要なものに、クーラーボックスがある。

別に鮮魚を運ぶわけではない。お土産を入れるためのものだ。おみやげと言っても、生鮮食料品を買うわけではない、買って帰るのは普通の饅頭などの菓子類。

「はあ?お土産ごときで、クーラーボックス、いらないんじゃないの?」

いや、それが必要なのよ。そりゃね、「○○行ってきました煎餅」だったら不要だろうけれど、例えば、ちょっと有名な地元の銘菓などを買うと、必ず「冷暗所に保存してお早めにお召し上がりください。」となっている。

そうでなくても、観光中に、真夏の車内に放置して置くのは、例え干菓子でも憚られる。ましてや饅頭やどら焼きなどのあんこを使った菓子だったら、一発で細菌増殖、食中毒の原因になってしまう。

で、クーラーボックスなのだ。冷やすのが目的ではなく、50℃にも達する炎天下の車内で、数時間だけ25℃くらいの常温を保てる空間を作ればいいのだ。氷はコンビニで手に入る。溶けた氷は飲料水にすればいい。

こうすれば、旅の初日でも、現地の生菓子が手に入る。羊羹でも饅頭でもクリームどら焼きでもなんでもこい!。
  1. 2017/05/19(金) 22:29:14|
  2. 車中泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉セットがまとまらない!【車中泊で困ったこと その4】

車中泊の旅では、温泉に入るのが密かな楽しみ。

実は、僕ら夫婦は、もともとは温泉嫌いだった。

だってさあ、脱ぐの面倒だし、貴重品の管理めんどうだし、
人前で裸になるのイヤンだし、熱くて長湯できないし。

だから、未だに入浴の段取りが悪い。

毎回やってしまう失敗が、「ビニール袋を2枚持っていくのを忘れること」だ。
一枚は着替え用、もう一枚は、濡れたタオルを入れて持って帰るための袋だ。いつもこれを忘れる。

そして、濡れたタオルと着替えた衣類を一緒の袋に入れて持って帰るハメになり、濡らさなくても良い衣類を濡らしてしまい、車の中で変な臭いを発する原因を作ってしまう。

毎回、持っていこう持っていこうと思っていて忘れるのが、マイ石鹸とマイシャンプー。

別に石鹸やシャンプーにこだわりがあるほどオシャレではないが、温泉施設の石鹸やシャンプーは、肌に合わないことが多い。ゴワゴワしたり、後から痒くなったり……ボリボリ。

そう言えば、常連さんらしき方々は、プラスチックの百均手提げカゴに、マイシャンプーやマイ石鹸等を入れて持ってきている。ひげそりやブラシなどグルーミンググッズも一緒に持っていけるのは便利そうだから、こんどやってみよう。

そして、最もうまくいかないのが、カミさんとの「待ち合わせ」。

名曲「神田川」の真逆で、いつも待たされるのは私。小さな石鹸なんてイマドキ持たないからカタカタならないけれど、洗い髪が芯まで冷えてしまうのは歌の通り。「冷たいねっ(•ө•)♡」て言われたい。

カミさんに言わせると、別に長風呂が好きなわけではなく、髪を乾かすドライヤー待ちで遅くなるんだと。このあたりの「待ち合わせ」をうまく調整できるようになると、無用なストレスを感じなくて済むのだろう。

でも、車中泊で温泉に入る機会が増えて、前よりも、温泉が楽しくなってきた。

体もなれてきたので、長湯もできるようになった。

次回は、温泉セット、本気で準備しよう!
  1. 2017/05/18(木) 22:14:30|
  2. 車中泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お風呂と駐車場所のリサーチは大事!【車中泊で困ったこと その3】

車中泊はどこでも泊まれて、自由で気ままな旅が魅力……と思われがちだが、意外と制約が多い。

まず、当たり前だが、都会のど真ん中で車中泊はまずできない。コインパーキングに停めれば、できないことはないが、さすがに気が引ける。

田舎でも、気軽に車中泊ができる場所は案外少ない。ドライブインや土産物屋などの駐車場は営業終了時に締め出されるし、公園などの公共施設の駐車場も、だいたいは夜間は閉鎖される。コンビニは24時間営業だが、いくらなんでも非常識。

そうなると高速道路のSA・PAか、幹線道路沿いなら道の駅に限定されてしまう。

道の駅も、どこでも良いという訳にはいかない。夜は静かに寝たいから、できれば幹線道路から離れた場所に駐車スペースが取れた方がいい。道の駅には、コンビニやトイレが併設されていることが多いが、これらはありがたい施設ではあるけれど、あまり近い場所に駐車すると、夜中の人通りでなんとなく落ち着かない。

近くに温泉(または銭湯)があるかどうかも重要。私は1日くらい風呂に入らなくても気にならないが、カミさんと車中泊に出る時は、やはりそこは一応アレでも女性だから、お風呂の確保がポイントになる。幸い、現代の日本は、10キロ走れば必ずどこかに日帰り温泉施設がある。たまに宿泊地(つまり駐車場)と温泉がセットになっている道の駅もあるが、そんな場所に当たったらラッキーである。

たいてい、宿泊予定の道の駅の周辺で入れそうな日帰り温泉施設をさがす。場合によっては、数十キロ離れた温泉に入り、宿泊予定の道の駅まで移動して宿泊することもある。

ところで、車中泊にとって最も大切なのは、トイレだ。特に、カミさんとの車中泊では、トイレの様子に気を配る。うちのカミさんは、多少汚れているトイレでも大丈夫な耐性はあるが、それでも清潔なトイレがいいのは男女問わず同じであろう。

また、清潔さだけでなく、トイレ周辺の環境も大事だ。大自然に囲まれた公衆トイレは、なんとなく寂しくて怖さを感じることもある。夜は、トイレの明かりに虫も多く寄ってくるので、大抵は鳥肌ものの光景が展開される。

やっぱり、最後は道の駅をセレクトすることになる。

と、まあ、まとまりのない文章になってしまったが、結局、温泉と道の駅の場所を予め頭に入れておいてから出かけるといい。……と言うか、実は、先に宿泊場所を決めた後、温泉をさがし、さらに観光ルートはその後で決めることになる。

旅行途中でも、スマホで検索できないわけではないが、旅先のネット検索は意外と時間がかかる。そして、前回の記事に関連するが、余分なバッテリーを消費する。

何事も準備が肝心ということだろう。

なあんだ、車中泊ってホントに自由でも何でもないんだなあ。でも、なぜか楽しいんだよなあ、車中泊。

  1. 2017/05/17(水) 22:39:34|
  2. 車中泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車載充電器は高性能でなくちゃ!【車中泊で困ったこと その2】

前回の記事で、車中泊のときにモバイルバッテリーが不足した事を書いたけれど、

「あれ?昼間に車から充電しておけば、防げたんじゃないの?」

と、思った方もいるだろう。

車中泊では、車での移動中にスマホやモバイルバッテリーへ充電をしておくことが肝心……んなことは、私でもわかっている。

ちなみに、現在私が使っている車載充電器はメーカー不詳ながら、ポート2口合計1.8Aのもので、購入した当時(4年前)はまあまあ高出力であった。

P_20170515_233301_1_p.jpg


ところが、現代のスマホにはやや出力不足。特にカミさんのiPhoneとの2ポート同時充電となると、途端に能力が落ちる。

1.8Aを2人で分け合ったら、そりゃ足りないわな。

ところが不思議なことに、何故かカミさんのiPhoneだけはストレスなく充電が完了する。

さすがジョブズ、回路が優秀なのだろう。

私のzenfone2にしてみれば、iPhoneに吸い取られた後の搾りカスで充電している状態で、そこへ来て走行中はカーナビアプリを立ち上げているわけだから、充電が進むわけがない。

まるで、私の人生そのものじゃないか!……少ない小遣いでヘトヘトになるまで働かされる……シクシク。

移動中に、スマホ2台+予備バッテリーへ充電するためには3ポート必要だ。

さらに、各ポート2.4Aくらい出力がないと話にならない。

ところが、3ポート各2.4A出力の車載充電器はあまり売っていない。

車中泊電力難民はしばらく続きそう。
  1. 2017/05/16(火) 22:30:06|
  2. 車中泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホの電源をどうしよう?【車中泊で困ったこと その1】  

久しぶりに暦通りにお休みが取れた2017年のGWは、2泊3日の車中泊の旅へ。

旅の話は、また今度するとして、今回は備忘録代わりに「車中泊で困ったこと」を書いてみようと思う。
車中泊は不便さが魅力ではあるが、それゆえに、困ることも多いから、シリーズ化だね。

さて、1回目は、スマホの電源をどうするか?という切実な問題。

車中泊では、スマホの充電対策はとても大切。

なぜなら、ホテル泊のように寝ている間にスマホに充電できないから。

予備バッテリーを複数用意し、十分な対策を講じて臨んだ二泊三日の旅だったが、悔しいことに、三日目の午前中にスマホの電力不足に陥った。

悲しいことに、わが愛機zenfone2は、単なるカーナビ(車とつながっている時は充電されるからなあ)となり、写真も取れず、ネットも見れず……トホホ。

主な理由は、調子に乗って写真を撮りまくったから。さらに、もう一つの理由は、予備バッテリーの容量不足。ちゃんと計算して持っていったはずなのに、なぜ?

実は、モバイルバッテリーが、カタログ値通りには働いてくれなかった。

私は、いつも予備バッテリーを2つ持ち歩いている。6000mAh1個と3000mAh1個、合わせて9000mAhもあれば、私のZenFone2(容量は3000mAh)なら二泊三日でも十分なはず。

だが、今回の旅では、三日目の朝にはスマホの充電量が50%を切ってしまった。毎晩、ちゃんと充電しておいたのに。

充電の様子を記しておくと、一日目の夜、充電量15%まで減ったスマホに6000mAhバッテリーを投入。

翌朝、100%復帰。2日目の夜、同じく10%台まで減ったところで、昨晩使用した6000mAhバッテリーに繋いだが、充電できず。理論的にはもう1回くらいは充電できそうなものなのだが。

仕方なく、3000mAhのバッテリーを投入したが、翌朝の充電量は75%で止まっていた。

どうやら、モバイルバッテリーは、そのカタログ容量の半分から7割くらいしか充電できないようなのだ。スマホ向けの電圧電流に変換する際、ロスが生じるのが原因らしい。

つまり、二泊三日の旅ならば、合計20000mAhくらいは必要だということだな。もっと早く知りたかった!

つくづく、現代の旅は、電力確保が要であると思い知った二泊三日だった。

さ、Ankerのタイムセールも始まったし、ポチッとな。(物欲大魔神降臨)
  1. 2017/05/16(火) 00:11:48|
  2. 車中泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ